makitop2.bmpmakitop.bmp

西山茉希画像初のCanCam単独表紙

表紙初登場から2年と3カ月。ついに西山茉希CanCam9月号で単独表紙を飾りました。
表紙に登場するのは早かったのですが、単独まで結構、時間がかかりましたね。それだけ先輩である、エビちゃん、もえちゃん、優ちゃんの壁が厚かったのでしょう。西山茉希がメディアに出てきたのもつい最近ですし。

しかし。これで西山茉希も看板モデルの仲間入りでしょう。「4大スタイル(お嬢様カワイイ、大人めカワイイ、小悪魔カワイイ、カッコカワイイ)」のページを見ると、 can.bmpのアイデンティティでありエビちゃんの代名詞でもあった「お嬢様カワイイ」のロールモデルに西山茉希が就任。今までなら「小悪魔カワイイ」が西山茉希で「お嬢様カワイイ」がエビちゃんだったのですが、エビちゃんが「お嬢様カワイイ」を西山茉希に譲った形になっています(エビちゃんは4大スタイルに登場せず)。おそらく、エビちゃんは年齢的な問題もありますし、そろそろAneCanの方にいくんじゃないかと予想されます。

7月10日付でCanCamの編集長が大西豊さんから兵庫真帆子さんに代わりました(大西豊さんは小学館のチーフプロデューサーに昇格)。世代交代を予感させる西山茉希の単独表紙に加え、編集長の交代劇。後期のはじまり(9月号)と区切りも調度いいですし、エビちゃん時代から西山茉希時代へ。 CanCamが大きく変わろうとしているのかもしれません。そうなると、西山茉希のライバルである直子ちゃんの単独表紙もすぐに見れそうですね。西山茉希頑張れ!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。